世界史

 偏差値82.1の勉強法
風は海から 
82.1勉強法サイトマップ 勉強の花道サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

>世界史

"ヌルハチの偏差値"を見てもらえば分かると思いますが、
英語、国語、社会の三教科総合では、
駿台模試でもひと桁の成績でした。

これは英語、国語が得意であったこともありますが、
世界史で高得点をかさねていたことも大きく寄与しています。
ここに高得点・高成績の原動力となった、
記憶定着率抜群の世界史勉強法を公開します。

世界史の学習は暗記が中心になりますが、
覚えることがあまりにも多いため容易なことではありません。

しかし、ヌルハチが実行した人間の聴覚を利用した世界史の学習方法は記憶の定着率が抜群であり、この音声利用の学習方法をじょうずに使えば、
世界史を得意科目とすることができ、
高得点、高成績を期待できます。

勉強の仕方に五里霧中、
どこから手をつけていいか分からないという人は、
この世界史勉強法を参考にして、
自分なりのオリジナルバージョンを考えてみましょう。
必ず役に立つはずです。

この音声を利用した世界史聴覚学習方法は後ほど詳しく解説しますが、
簡単に申しあげると、
普通は目で読んで学習する事柄を、
聴覚を利用して記憶に定着させるというものです。

くり返し聴いたことがらは、よく記憶してしまうのです。
音声利用の聴覚歴史勉強法の秘密がここにあります。

ヌルハチの場合は、
後述するように聴覚を利用した勉強方法で結果を出しましたが、
世界史の基礎知識を獲得するために、
少しでも負担が軽くなるようにいくつかのポイントをまとめてみましたので、
まず初めにこちらの学習方法で世界史の基礎をつくりましょう。

世界史勉強のポイント
(世界史勉強のポイントは5つです。
この5項目に注意して勉強を進めましょう。)





 各国史別に勉強する

世界史は、理解すること覚えることが膨大な数にのぼるので、いちどきにあちらこちらとやるのは効率的な学習方法とは言えない。
アメリカ合衆国史、イタリア史、イギリス史などのように、各国史別に整理して勉強すると理解しやすいし、また効率的に学習することができる。

駿台の教材も、その当時から各国史別となっていた。
過去問を中心に編集されていた
と思うが、よく出来た教材だった。

アメリカ合衆国史ならそれだけを最初にやり、ついでに必ず出てくるイギリスやフランスの歴史も勉強するというやり方のほうが、集中力が出ていい。

また、各国史別の勉強法といっても全部の国の歴史を勉強する必要はない。
例えば、イギリスやイタリア、ドイツ、アメリカ合衆国など、試験に出題されやすい国々を中心に勉強するべきである。

世界史の勉強に費やされる時間を考えた時には、
よく出題される事項や国の歴史を中心に勉強するのが得策だ。
無駄に時間を使わないという意味からも、
この各国史別に学習するという勉強法が第一番に推奨される。

 政治史を中心に学習する

これは日本史なども含め歴史全般に言えることだが、
歴史の勉強という場合にはあくまでも政治史が中心になる。
それから外交史だ。この二つは密接に結びついている。

実際に世界の歴史を学習する時には、この二つの事柄を関連付けて勉強すると効果が上がることが多い。

文化史、芸術史、文学史など、いろいろな項目があるが、
勉強の中心はあくまでも政治史、それから外交史であることを理解したうえで学習に取り組むべきである。

 世界史上の大きな出来事は深くほりさげて学習する

例えば、ウィーン会議とかクリミア戦争などは各国の利害が複雑に絡んだ世界史上の大きな出来事であるが、入試に出題されることも多く、その際にはかなりこまかい知識を問われることが多い。

こういった問題に対しては、かなりつっこんだ勉強をしてなければ対応できず、無得点に終わる可能性が高い。

これを避けるためには幅広い深い知識が必要となるが、
世界史上の大きな出来事といっても数はある程度限られているので、
対応は十分可能である。

 日本を含め世界の同時代史的な横のつながりに注意して学習する

例えば、
1600年
 
この年東インド会社(英)が設立されたが、            
日本では関ヶ原の戦いが起こり、
マテオ・リッチが北京に入ったのもこの年だった。

また、  
1787年 
この年アメリカでは合衆国憲法制定があったが、
ロシア、トルコ間では第二次露土戦争が起こり、
日本では松平定信が寛政の改革をはじめた。

このような勉強方法を用いれば効率的であり、多少は世界史学習の負担が軽くなると思う。

ヌルハチも初めのうちはこのような勉強の仕方をしていたが、
ある時に全く新しい世界史学習法に覚醒した。

この勉強方法を実行すればかなりのところまでいけると思うよ、世界史も。
この点については自信がある。

上手に活用できれば、
世界史だけならどこの大学でも合格できるんじゃないかな。
ヌルハチが自分で考え、実行し、結果を出した勉強法だから

ただし、この学習方法をどのように利用するかは、
あなた次第である。
上手に使いこなせた人には、高得点・高偏差値が約束される。
逆に、使い方を間違えた場合は、
かなりの時間の浪費になる恐れもある。
この学習法は、
生かすも殺すも利用者の使い方によるということだ。





世界史という科目は覚えるべき重要事項や年代がきわめて多い。
だからこの科目を勉強する場合には、
いかにして重要事項や年代をしっかりと記憶に定着させるかという事が大事になる。

記憶があやふやなままで勉強を進めても、
この世界史という科目で成功することはない。

この学習方法は、
初めのうちは少し時間がかかってまどろっこしいと思うかも知れないが、
記憶の定着率は抜群でそう簡単には忘れることはない。
まさに歴史を学ぶのにはうってつけの勉強法だ。

世界史の学習方法にいまだに迷っている人は、
このヌルハチの聴覚勉強方法を参考にして世界史王者になろう。

ヌルハチの場合は、たまにあまり芳しくない成績(公開した成績表の片方)をとることもあったが、世界史は得意科目で、日本史よりも得点源であった。

早稲田の政経政治を受験した時も、英語・国語・世界史の三科目で受けた。
この三科目総合なら負けない自信があった。

”偏差値の天国と地獄を見た男”という表現を使ったけど、
ヌルハチにとって本当の意味での天国は、国語・英語・世界史、この三科目だった。

この三科目のおかげで、”お荷物”の数学を入れても恥ずかしい偏差値にはならなかった。
世界史が英語・国語と並んで偏差値を押し上げる原動力になっていたのだ。
だから、英語・国語・社会の三教科総合では駿台でも常にトップの成績・偏差値でいられた。

ヌルハチの受験生時は私大文系のトップに君臨していた早稲田政経政治の偏差値が、
駿台で58.7の時に、この三科目総合では79.5は行っていた。

話が少しそれるが、東大文Tの偏差値は駿台で64.9〜66だった。

また、文科系・理科系の違いがあるので単純な比較はできないが、”偏差値大将”東大理Vの偏差値は、
模試によって多少のばらつきはあったが、71.6〜73.5であった。

そして、東大理科V類の偏差値が73.5の模試の時、同じ4教科国立T型(東大の2次試験がこれ)の試験で、ヌルハチの偏差値は74.7だった。

あのダメ数学で理科V類を超えたんだから相当なもんだよ。東大理Vの偏差値だけは別格だからね。





だいぶやったからね、世界史は。歴史が好きだったから、ヌルハチは。
時間をかけて丁寧に。

駿台模試の解答に付いていた解説なども丁寧に読んでいた記憶がある。
関連した事項についてはかなり詳しい解説があったからね。
模擬試験はそういう意味でも大事なんだよ。点数の高低だけではなくね。

それだけの見返りはあったよ。だから試験を受けるのは楽しみだった、世界史は。

早大政経の世界史は難易度が高かったが、点差をつけられるから好都合だった。
簡単な問題ではあまり差はつかないから。難しければ難しいほどいい位に思っていた。

東大の試験問題もこのくらい難易度が高ければよかったんだけど、古文とか世界史なんかは難易度があまり高くなかった。

これはヌルハチにとっては痛かった。駿台の模試でつけていたほどの点差を実際の試験でつけることができなかったから。

その頃、駿台には柴田師という世界史の超人気講師がいて、かなり大きな教室で授業が行なわれていたにもかかわらず、立ち見で聴講している学生がたくさんいた。
別の先生の世界史の授業を蹴って、この先生のクラスに遠征して来ていたのだ。
おかげで夏場などは熱気でむし暑いくらいだった事を覚えている。

甲高いよく通る声で話す先生で、かなり細かいことまで要点をふまえて教えてくれた。
早口の先生で、たまにものすごく面白いことをいって学生を笑わせることもあったが、
むだな事はあまり言わない先生で、授業の内容はきわめて高度であった。

話の内容がすべて世界史必須知識という先生だったから、なにひとつ聞き漏らすまいと必死だった。
何しろ矢つぎばやに次から次へと重要項目を教え込まれたからね。
話す世界史辞典という感じの先生だった。それも最上級で最上質の。
まさに"神様レベルの世界史"だった。

この先生の授業を完全に自分のものにできれば、世界史はいただきだと確信した

一度聞いただけで全部を理解することは到底不可能であったので、
カセットテープに授業を録音し、それを何回も聴きなおすという方法をとった。

年代などもかなり頻繁に口にしていたから、一度に覚えるにはかなりの無理があった。
覚えるべき世界史の年代の数は半端ではないから、この聴覚を利用した暗記方法は本当に役に立った。

再生速度を速くしてね。これは重要だよ、時間の節約という意味で。聞き取れるぎりぎりまで速度を上げてた。
もともと早口の先生だったから、音声が機関銃のように聞こえたよ。

この方法は効果的だったね。抜群だった。
何回も聴いて覚えたものはなかなか忘れない
ここにヌルハチの世界史勉強法の秘密があるんだよ。
くり返し聴いて頭にたたき込んだ世界史の重要事項や年代は、
そう簡単には頭から抜けないんだよ。

おまけに、ヌルハチの場合は”聞き漏らし”は無かった。何回も聞けたから。他の学生はあったと思うけど。
だから、先生が話した年代なんかも全部覚えることができた。何回か聞いているうちに。

この違いは大きかったね。ここで差をつけることができたから
なにしろ一度覚えたら忘れない記憶術だった。世界史聴覚勉強法は。

平成23年度の東京大学入学試験世界史の問題にヴァンダル族が出題されたけど、
これなんかも、この先生が授業で取りあげた時のことを今でも覚えている。

「えー、このヴァンダル族は、英語のvandalize(破壊する)の語源になった民族でもあるんですが・・・」

まだ覚えているよ、何十年経っても。言った時の声の調子まで覚えている。
ヌルハチの記憶力が抜群なのか。勉強方法がよかったのか。
ついでに英語の単語まで覚えさせられてしまった。Vandalize

また、面白い部類の話ではこんなものもあった。

「資本主義というのは、もうけたい人はいくらもうけてもいいわけですね。
もうけたくない人は、もうけなくてもいい。
もうけたくても、もうけられない人が大半なわけですが・・・」

こんなことを言って授業に集まった学生たちを大笑いさせていたこともあった。

普段は"世界史の話す精密機械"のように歴史の重要事項を学生にたたき込んでくれる人であったが、時にはこんな冗談もいえる方であった。
そんな先生だったね、この柴田という先生は。

ヌルハチだけだったよ、授業を録音なんかしてたの。あとでまねする人が出てきたけどね。

いい事はまねしたほうがいいぞ早く。他のみんながまねをするより先に。
勉強法なんかは、いの一番にまねをするべきものだよ。

ただ優秀な先生じゃないとだめだけどね。世界史の問題集か参考書みたいな先生じゃないと。
話の半分が漫才なんていうのはだめだ。それこそ時間の無駄になる。

聴いた! 覚えた! 出来た!

このカエサルの言葉のような単純な方法が、ヌルハチの駿台世界史偏差値76.6の必勝法だ。

他の人と同じことをやってても、並の成績や偏差値しかとれないよ。
勉強にも創意工夫が必要
今なんかCDでもパソコンでも何を使っても勉強ができるんだから。

ヌルハチなんか、テープの編集とか再生速度を上げる工夫とか、これ全部自分でやったんだぞ。
現在とは違って、そんな世界史の教材なんかどこにも売ってなかったからね。自分で作るしかなかった。

多少手間がかかったけど、そのおかげで”発案者利益”の恩恵を独占することができた。

世界史の勉強に限らず、
何か自分で独自に考えて新しく始めるときは時間がかかるものだよ。
誰も教えてくれるものがいないわけだからね。
だけどその新しい独自の勉強法が優れたものである場合は、
その見返りはとてつもなく大きいよ。

この自分で作った世界史の学習テープは、
作るのに手間はかかったが世界史勉強には非常に便利なものでもあった。

いつでも好きな時に聞くことができたし、どこででも聞くことができた。
寝る前にも聞いていたな。これは効くよ、寝る前は。そのまま眠っちゃったこともあったけど。何回も。

勉強は、どの科目も反復学習しかないよ。何回もくり返し学習して理解する。
テレビのCMなんかしまいに覚えちゃうだろ、何回も見たり聞いたりしているうちに。
勉強も同じだよ。何回も見たり聞いたりしてれば覚えるよ

単純だけど、この人間の聴覚を最大限に利用した学習方法が究極の世界史勉強法だと今でも思っている。

世界史が英語や国語と並ぶ得意科目になったのは、この学習方法のおかげだといっても過言ではない。

この聴覚を利用した学習方法は英語に関しても抜群の効果があることは、英語のページでも述べてある。

この世界史勉強方法は一考の価値があると思うよ。
世界史では最強学習法だと個人的には思っている


それから、これは非常に重要だからつけ加えておきますが、
ここで紹介している勉強の仕方は、
このことを参考にして自分なりの勉強方法を見つけ出して欲しいという、
そのためのヒントとして掲げているものです。

つまり、ヌルハチが実践した方法は、
そのままを実行することは不可能ですので(授業を実際に録音した教材はもうありませんので、残念ながら)、
自分なりに考え、工夫して、
この耳から入るやり方を応用して欲しいということです。[インターネットは非常に特殊な媒体であるために、公開できることと、できないことがあります。このことはスキャン学習法のページでも触れています。]

勉強は、やはり自分独自のオリジナリティがないとね。
一から十まで、すべて言われた通りにやればいいというものでもありません。

最後に世界史の論述問題について触れておくが、
世界史の論述問題
は基本的には日本語の作文能力の問題になる。

世界史の個々の知識が必要になることは言うまでもないが、
文章の作成能力やその構成力を試すものであることを認識していなければならない。

基本的には日本語の文章力。これが世界史論述問題の本質だ。
このことを理解した上で論述問題の勉強に取り組む必要がある。

あまり難解なものに最初から取り組むのは賢明とはいえない。
少なめの字数でポイントをおさえる訓練からはじめよう。

段階式できたえる世界史論述!
段階式世界史論述のトレーニング



段階式世界史論述のトレーニング


60字から始める世界史論述!
世界史論述練習帳new



世界史論述練習帳new


合格答案を書ける世界史論述!
判る!解ける!書ける!世界史論述



判る!解ける!書ける!世界史論述


世界史B論述問題が面白いほど解ける本


それから、年代の暗記の仕方ですが、
年代は年表を何回もながめて覚える
この視覚から入る暗記方法がもっとも効果的だ。
何回もパラパラとめくっていくつかの年代を同時に覚えるんだよ。

これを何回かくり返すうちに、たいていは頭に入っちゃう。
年代カードを作って覚えるのも、この暗記方法の変形に過ぎない。

きわめて古典的な年代暗記法であるが、
年代暗記に関しては優れているものであることに変わりはない。

ただ、歴史の年代暗記については人によって向き不向きもあるので、
各自自分向きの年代暗記法を考えてみるのもいいだろう。

世界史年代暗記法


元祖世界史の年代暗記法


世界史年代ワンフレーズnew


まんが必修年代暗記法世界史


エロ語呂世界史年号 (エロ語呂暗記法)


高校世界史年代スーパー暗記法


世界史年代記憶法


新世界史 頻出年代暗記


世界史まるごと年代暗記180


年表で覚える世界史


世界史年表・地図(2015年版)


標準世界史年表


標準世界史地図


年表と地図による世界史の総整理―世界史B


ヨコガク世界史―地図×年表 一目でわかる!


総図解 日本史&世界史 同時代比較年表


記憶に残る世界史資料!
ニューステージ世界史詳覧



ニューステージ世界史詳覧


以上、かなり長い世界史勉強法と参考書の紹介となったが、
世界史学習の場合はある程度の時間がかかるのは避けられないので、
ヌルハチの聴覚を利用した世界史勉強法を早めに実行に移すことを希望する。


厳選世界史参考書と問題集





以下の参考記事は、時間のある時にでも読んでください。

世界史の破壊王ティムール


ティムール帝国 (講談社選書メチエ)


ティムール―草原とオアシスの覇者


ジブラルタルに名を残すターリク将軍


世界の歴史〈8〉イスラム世界


2015センター試験世界史B出題ミスに見る
日本語の句読点の重要性



センター試験過去問研究 世界史B (2015年版)


聴けば聴くほどものになる!
聴くだけ世界史(古代〜近代へ)(近現代)



聴くだけ世界史(古代〜近代へ) 


聴くだけ世界史(近現代) 


聴くだけ世界史 一問一答: CD-ROMつき


アナウンサーが読む聞く教科書 山川詳説世界史


きれいで詳しく手ごわい!
チャート式新世界史近代現代編



チャート式新世界史近代現代編 


新世界史 (チャート式・シリーズ) 


チャート式 新世界史 古代・中世(新課程用)


オスマン帝国から学ぶ世界史


オスマン帝国六〇〇年史 三大陸に君臨したイスラム


オスマン帝国の時代 (世界史リブレット)


オスマン帝国 イスラム世界の「柔らかい専制」


オスマン帝国の栄光


大知識人ラッセルが書いた世界史
「西洋哲学史」



西洋哲学史 1―古代より現代に至る哲学史1


西洋哲学史 2―古代より現代に至る哲学史2 


西洋哲学史 3―古代より現代に至る哲学史3


世界史勉強は貿易品に注目!
砂糖の世界史



砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書) 

 アメリカ黒人の歴史 - 奴隷貿易からオバマ大統領まで


カトリック教会と奴隷貿易―現代資本主義の興隆


狙われる文化史!
佐藤の世界文化史一問一答



佐藤の世界文化史一問一答


実際は快速の各駅停車!
センター世界史B各駅停車



センター世界史B各駅停車


詳しく学びたい人の詳説世界史研究


詳説世界史研究


知識の確認補充に役立つ!
各国別世界史ノート



各国別世界史ノート―重要事項記入式


地図を見れば歴史がわかる!
ビジュアル世界史問題集



ビジュアル世界史問題集 (駿台受験シリーズ)


出る問題の宝庫!
センター試験過去問研究 世界史B



センター試験過去問研究 世界史B (2015年版 赤本)


解説が詳しい予想問題集!
センター試験実戦問題集世界史B



大学入試センター試験 実戦問題集 世界史B


初学者のための入門書!
教科書よりやさしい世界史



教科書よりやさしい世界史


ナビゲーター世界史Bで得点!


ナビゲーター世界史B (1) 


ナビゲーター世界史B (2) 


ナビゲーター世界史B (3)  


ナビゲーター世界史B (4)  


世界史B用語集 改訂版 


世界史年表・地図 (2014年版)


短期決戦の世界史!
世界史トータルナビ INPUT&OUTPUT800



世界史トータルナビ INPUT&OUTPUT800


世界史最強の味方世界史B用語集


世界史B用語集 改訂版


スピードマスターで決める世界史


30日完成スピードマスター世界史問題集世界史B


世界史の流れをつかむ問題集!
時代と流れのつかめる
用語問題集世界史B



時代と流れのつかめる用語問題集世界史B


世界史用語一問一答のエース
一問一答世界史B用語問題集



一問一答世界史B用語問題集


歴史好きの人に贈る
世界史B一問一答完全版



世界史B一問一答 完全版 2nd edition


読み込んで覚える!センター試験
世界史Bの点数が面白いほどとれる本



センター試験 世界史Bの点数が面白いほどとれる本


やる気を起こす参考書!
大学受験らくらくブック世界史
古代~近代へ 近現代



世界史 古代~近代へ―大学受験らくらくブック 

 大学受験らくらくブック世界史 近現代―流れがわかる!


マンガで学ぶ世界史!大航海時代
マンガ世界の歴史がわかる本
「大航海時代~明・清帝国」篇



マンガ世界の歴史がわかる本 大航海時代~明・清帝国

  マンガ世界の歴史がわかる本 四大文明~中世ヨーロッパ


マンガ勉強世界史フランス革命から現代!
マンガ世界の歴史がわかる本
「フランス革命~二つの世界大戦」篇



マンガ世界の歴史がわかる本 フランス革命~世界大戦


オールカラー 4コマでおぼえる世界史 (マンガで覚える)


マンガでわかる世界史


インドの初代首相であり、インド独立運動の指導者ジャワハルラール・ネルー。
「父が子に語る世界史」は、
ネルーが娘インディラのために書いた世界の歴史です。

父が子に語る世界歴史〈1〉文明の誕生と起伏


父が子に語る世界歴史 (2)


父が子に語る世界歴史 (3)


父が子に語る世界歴史 (4)


父が子に語る世界歴史 (5)


父が子に語る世界歴史 (6)



ヌルハチの基本英文700選


学力トップ層の特権!参考書複数主義


必要な勉強時間は人により異なる


集中できる連続学習時間はどのくらいか


学習スランプ時のショック療法


勉強は自分のためにするものです


「ゆとり教育」が失敗した本当の理由


葦編三絶はもう死語なのか


自分の将来への投資!それが勉強です


世界の強敵に立ち向かう学力


勉強は日々の積み重ねがものをいう


勉強に必要な自分なりの創意工夫!


緻密過ぎる学習計画は挫折する


英語脳の育成が成功につながる


英文読解と伊藤和夫


英語不得意者が味わう悲哀と悲惨


英語大航海時代の幕開け


英単語は英語力の証明


一冊を軸に展開する英単語学習


英単語は綴り(spelling)も重要です


英和辞典の賢い使い方


高3英語力、中学生レベル報道に思う


高学力と合格力の違い


英文法の役割


英熟語征服法


英文法学者になる必要はありません


英語長文を制する者は英語を制す!


長文問題の配点と重要性


長文は時間配分に注意です!


長文勉強と英文速読


長文大好き人間へのプロセス


長文快速王への道しるべ


長文と英単語、どちらが先?


長文の語数と難易度の関係


関係代名詞がわかると長文が解ける


英英辞典の思わぬ効用


古文勉強と大鏡


親王宣下と親王の等級


「新古今和歌集」三夕の歌と体言止め


一文一個主義が古文単語を制す!


「大鏡」や「蜻蛉日記」に見る「もがさ」の正体


超新星の記録を残した藤原定家の功績


ういういしかった伊勢物語初冠との出会い


源平盛衰記に出てくる美男子


蜻蛉日記と右大将道綱


古典古文を助ける日本史


平家物語と古文単語


森野宗明先生の古文ラジオ講座


日本史領土問題


日本史に残り続ける竹崎季長の偉業


母から聞いた仙台四朗の話


シベリア抑留と近衛文麿の長男


府中に名を残す井田是政の業績


合格の花道


英語勉強法


英語学力テスト(文部科学省)


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英会話


国語勉強法


現代文


古文


漢文


日本史


世界史


受験勉強法旅路編


教育的配慮


教師の心ない言葉


内申書


ガリ勉


K君のこと


M君のこと


予備校


大学


学歴社会と競争


成績不振からの現実逃避


受験勉強法技術編


模擬試験


通信教育


参考書の選び方


差をつける問題集の使い方


英語参考書


国語参考書


世界史参考書


日本史参考書


中学参考書


夏期受験勉強法


冬期受験勉強法


スキャン学習法予告編


偏差値エリート


受験勉強法大学編


東京大学


早稲田大学


慶應義塾大学


受験勉強法中学編


中学英語


中学国語


中学数学


中学社会


中学理科


偏差値


大学偏差値


ヌルハチの偏差値



センター試験対策


中間期末試験対策


はじめての方へ




連絡メール


プロフィール


 
NHK高校講座|世界史
 
 Copyright 2010-2017 All Rights Reserved.