オスマン帝国から学ぶ世界史

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> >
オスマン帝国から学ぶ世界史


オスマン帝国の存在は世界の歴史上きわめて大きな意味を持ちます。
オスマン帝国がわかると世界史がわかる。
この言葉の持つ意味についての考察です。

シェイクスピアの作品中に、Ottomanという言葉がよく出てきます。
このOttomanは、Ottoman Empire(オスマン帝国)のことで、当時のヨーロッパでは恐れられた存在であったことが、シェイクスピアの作品からもわかります。

中世ヨーロッパの人々がオスマン帝国に脅威を抱いていたのには一つの伏線がありました。それは1529年に起きた第一次ウイーン包囲というできごとでした。

これはスレイマン1世のオスマン帝国軍が、神聖ローマ帝国皇帝カール5世の本拠地であるウィーンを包囲した事件でした。

2ヶ月近く続いた包囲も、大雪などの影響もあってオスマン軍の撤退というかたちで決着しましたが、このできごとによってヨーロッパの人々はオスマン帝国の脅威を改めて実感することになったのでした。

この第一次ウィーン包囲だけを取り上げても、かなりの世界史の重要事項・重要人物が登場します。
スレイマン1世、カール5世、ハンガリー王国、イタリア戦争、フランソワ1世、ローマ教皇、宗教改革、バルカン半島、ハプスブルク家。
これらの事項や人物について掘り下げていくだけでも、歴史のかなりの部分をカバーできることになります。
ハプスブルク家の歴史だけでも、かなりの勉強ができます。
ヨーロッパ第一の名門だよね。このハプスブルク家は。





オスマン帝国(1299年-1922年)は歴史も長く、世界史に与えた影響もきわめて大の国家です。
その建国から滅亡にいたる約7世紀の歴史を事細かに学習するだけでも、中国史やアメリカ史をのぞいたかなりの部分を勉強できます。

歴史勉強は国別の学習が推奨されるわけですが、このオスマン帝国はまっさきに手をつけてもいいほどの重要さを持っています。

オスマン帝国の領土変遷をみることによって数々の条約を思い起こし、歴代皇帝の名前を覚えながら他の国の政治状況にも目を向ける。
こういった世界史勉強のやり方を、主要国に限って続けていくだけでも、世界史の勉強は確実に完成の域に近づいていきます。


オスマン帝国六〇〇年史 三大陸に君臨イスラムの守護者  オスマン帝国の時代 (世界史リブレット)





 

世界史の破壊王ティムール


オスマン帝国から学ぶ世界史


世界史年代暗記法


ナビゲーター世界史Bで得点!


短期決戦の世界史!
世界史トータルナビ INPUT&OUTPUT800



世界史最強の味方世界史B用語集


スピードマスターで決める世界史


世界史の流れをつかむ問題集!
時代と流れのつかめる
用語問題集世界史B



年表で覚える世界史


記憶に残る世界史資料!
ニューステージ世界史詳覧



世界史用語一問一答のエース
一問一答世界史B用語問題集



段階式できたえる世界史論述!
段階式世界史論述のトレーニング



60字から始める世界史論述!
世界史論述練習帳new



合格答案を書ける世界史論述!
判る!解ける!書ける!世界史論述



世界史


高校参考書世界史





英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英会話


国語勉強法


現代文


古文


漢文


日本史


模擬試験


通信教育


参考書の選び方


英語参考書


国語参考書


中学参考書


夏期受験勉強法


冬期受験勉強法


偏差値エリート


東京大学


早稲田大学


慶應義塾大学


中学英語


中学国語


中学数学


中学社会


中学理科



連絡メール


プロフィール
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.