英語長文勉強法

偏差値82.1の勉強法
風は海から 
82.1勉強法サイトマップ 勉強の花道サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加 


英文読解勉強法のページでも簡単には触れたけど、ある程度以上のレベルの英文をすばやく読むためには、
かなりの量の語彙力、文法的知識、英語以外の分野での幅広い知識などが求められる。





言い換えれば、
長文問題では英語の総合力が問われるので、
速攻で対応する勉強というのは難しいところもあるが、時間的に制約のある受験生にとっての現実的な学び方としては、

@ 基本となる英単語・英熟語を勉強する

A 参考書・問題集などを利用して長文に慣れる


という2つが、考えられる最善の勉強法になる。

つまり、@の英単語・英熟語ををマスターした上で、Aの実戦練習で長文に慣れる。
この2つの過程をふまないと、、時間だけ費やして得るものは少なしという結果になる可能性が大である。

英語の得意な人とそうでない人との差がはっきりと出るのがこの問題だ。
得意な人は得点を上積みできるが、
そうでない人は、まったく点をとれないこともある。

長文は勉強法の良し悪しが大きく得点に関係してくるので、
ヌルハチのやり方で問題の核心をつかんで欲しい。

基本的には英文読解のページで解説した方法で問題を解いていけばいいわけだが、問題文自体の量もかなり増えてくるので、勉強法としては、
より一層の速読(Rapid reading)と大意要約(Summing up)のスキルが必要となる

そこで、速読能力を鍛えるにはどうするのがいいのかという事になるわけだが、最初に述べた方法で徐々に慣らしていくしかないだろう。





◎英語長文の解き方

問題文にざっと目を通し、何について述べられているのか、つまり主題は何かを把握する。何について書かれたもなのかがわかれば、半分できたようなものだ。
英語長文問題とはそういうものです。

そして、この主題を把握する際に決定的な力を持つのが、
Key wordを問題文の中から見つける」という作業だ。

このKey wordは、最初の文あるいは二番目の文の中にあることが多い
人間何か言いたいことがある時は最初のほうで言うのが普通だからね。

当然のことながら、このKey wordは名詞であることが大半である。
形容詞や副詞では表題(タイトル)にはならないよね、普通は。

だから、Key wordをさがすときは名詞中心にひろい読みをするんだよ。
これを速読でね。
だから、ある程度の英語力がないと長文に対する対応は難しいといったわけだ。

英文をいちいち頭の中で日本語に訳しながら読んでいるようでは、速読にならないし時間がかかってしまう。
こんなことをしていたのでは、
いつまでたっても英語長文にも、英文速読にも対応できるようにはならない。

英文を英文のままですばやく読むのを英文速読というんだよ。
だから、これにはある程度の英語力と訓練が必要だといったんだ。

しつこいようだけど、
このことができないと、いつまでたっても成績は上がらないよ。
成績のいい人というのは、
もうこの段階にいっている人だよ。
だから、点数も成績もよくなっている。
このことだけは間違いない。

以上のことを踏まえたうえで、大意要約等の設問に答える。

◎長文で特に注意すべきこと

なお、これは英語のあまり得意でない人にいえることですが、
長文を難解なものにしている要素に、
複雑な修飾関係関係代名詞の省略があります。

つまり、問題となる部分が何を修飾しているのかがわからないために、
英文の意味を的確に理解できなかったり、
また、関係代名詞の省略に気がつかないために、
構文解析がまったくできないということが多々あるのです。

このことは、先行詞がなんであるかを見きわめる必要とともに、
問題解決のためには必須のことがらですので、
この場を借りてつけ加えておきます。

関係代名詞も含めて、
関係詞の理解ができていないと、
読解問題の対応はきわめて厳しいものになります。
関係詞関連の文法事項については、
特に念入りに学習しておくようにしましょう。

また、長文を困難なものにしているもう一つの要素が、
英文のなかの複雑な修飾関係です。

つまり、どの部分がどこを修飾しているのかが、
いくら考えてもさっぱり分からないというのでは、
英文解釈どころではないのです。

この修飾の問題は非常に重要ですので、
少し解説しておきます。
基本的かつ最重要なものだけの話になりますが、
よく理解しておきましょう。

修飾をやっかいなものにしているのは、
名詞句・形容詞句・副詞句の3つの句の存在
です。
これがあるために、英文の構造がわかりにくくなります。

英文の基本は5文型です。
どんなに複雑な英文も、必ずこの5つの型のどれかに属します。

ですから、長文読解の時にも、
まっ先にこの構文解析をしなければならないわけですが、
ここで行く手を阻むのが、この3つの修飾句ということになります。

つまり、この3つ修飾句は、
英文を必要以上にややっこしく見せてしまう、
いわば悪玉のような存在なのです。

こういった、いわば尾ひれのような付け足しの語句に惑わされることなく、
どの文型の文かを瞬時に判別できるか否かが、
長文解読の鍵を握るということを、
あらためて強く認識しておきましょう。

とにかく、名詞句とか形容詞句、副詞句といった名称や、
その働きと用例については、
英文法の参考書などで徹底的に学習しておいてください。

なぜなら、
修飾とか先行詞、関係代名詞の問題などは、
最終的には文法の力を借りて解決するべきものだからです。
そして、このことは、伊藤和夫先生が常々おっしゃっていたことでもあります。
耳にたこができるレベルの強調度合いだったね、
この点については。

最後に、
勉強には参考書や問題集が重要なものになりますが、
Aの段階での参考書や問題集としては以下のものが推奨できます。


厳選長文参考書と問題集


参考書や問題集に関しては、
いきなり難易度の高いものに手を出しても歯が立たないので、
順次参考書のレベルを上げて勉強するのが攻略の近道になる

いきなりハイレベルのものでは、
すぐに投げ出すか、
わからないことをいちいち調べるのに手間取って、
結局は時間のむだになる。
こういったことは、
最初から避ける方が賢明である。

参考書や問題集は、
最低でも3回程度の反復学習による勉強が必要だ。
2回目以降は楽にできるようになってくる。
英文に慣れてくるから。

1回でものにできるような人は、
そうそういるものではないよ、
この世の中には。

何回やるべきかは、
人によって違うので、
自分で納得できるまでやるべきだ。
ひとはひと。私は私。
何周やるかは、その人の自由だよ。
要は、最終的にできるようになっていれば、
それでいいということです。

◎長文対策の具体例

実際に学習する際の参考として、
長文攻略の処方箋とでも呼ぶべき具体例を掲げておきます。
自分なりにアレンジして実行すれば、
「長文何するものぞ」レベルにまで行けるでしょう。

@中学レベルの単語を完成する

長文解釈の基礎は単語力です。
中学レベルの英単語撃破は必須事項です。
ここで1500語〜1800語の単語を覚えます。

くもんの英単語1500

例文で覚える中学英単語・熟語1800

A中学レベルの長文に慣れる

いきなり大学入試レベルの長文では荷が重いので、
超基礎レベルの長文で基礎を学ぶ。
この時には、同時に文法事項も理解すること。
英文の構造把握には文法知識は必須です。

くもんの中学英文読解

実戦!英語長文はこう読む!!―高校入試

B基礎レベルの大学入試長文を学ぶ

この段階から、大学入試レベルの長文対策になります。
語彙と構文に注意して勉強を進めることが重要。
基礎レベル〜中級レベル達成を目指します。

イチから鍛える英語長文300

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1

C中級レベル長文を克服する

長文の得意・不得意はこの段階でほぼ決まります。
いわば長文の天王山ともいえる。
多少時間をかけても、ていねいにやる必要がある。

イチから鍛える英語長文500

基礎英語長文問題精講

やっておきたい英語長文500

D最高レベル長文を完成する

入試レベル長文では最高峰の無敵レベルをめざします。
一部大学入試レベルを超えるものもありますが、
文字通り得点源としての長文となるでしょう。

やっておきたい英語長文1000

英語長文問題精講

英文読解の透視図

英語長文レベル別問題集 6





下記のような英語も長文読解の時には役に立つ。

Unrequited love
(報われない愛、片思い)


 
Who wears the pants
in your house?

(君の家では
誰が実権を握っているのか)

You have brought it
on yourself.

(自業自得だ)


先に掲げたものと一部重複しますが、
長文学習参考のために「勉強の花道」のページを紹介しておきます。
数がやたら多いですが、自分向きのものを見つけて取り組んでください。

英語長文を制する者は英語を制す!


やっておきたい英語長文300 やっておきたい英語長文500  やっておきたい英語長文700  やっておきたい英語長文1000


長文問題の配点と重要性


ハイパー英語教室中学英語長文 1


英語長文問題集 レベル1


長文は時間配分に注意です!


ハイパー英語教室中学英語長文 2


英検1級 長文読解問題120


長文勉強と英文速読


長文大好き人間へのプロセス


実戦!英語長文はこう読む!!―高校入試


入門英語長文問題精講 改訂版


英語長文問題精講 新装版


長文快速王への道しるべ


長文と英単語、どちらが先?


長文の語数と難易度の関係


関係代名詞がわかると長文が解ける


関係詞の底力


英英辞典の思わぬ効用


ロングマン現代英英辞典 [5訂版] DVD-ROM付  オックスフォード現代英英辞典 第8版 DVD-ROM付


英文読解に役立つ英文多読と単語力


英語多読入門(CD付) (めざせ! 100万語)  スラスラ英文多読教室  英語多読完全ブックガイド[改訂第4版]


よくわかる英語長文!
入門英語長文問題精講



入門英語長文問題精講 改訂版 (必修問題精講)


最強の超基礎英語長文!
ハイパートレーニングレベル1



大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編


センターを超える英語長文!
ハイパートレーニングレベル2



大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センター編


早慶も狙える英語長文!
ハイパートレーニングレベル3



大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル3


英語長文の救世主!
やっておきたい英語長文300



やっておきたい英語長文300


胸を張れる英語長文!
やっておきたい英語長文500



やっておきたい英語長文500


極める英語長文!
やっておきたい英語長文700



やっておきたい英語長文700


英語長文の達人!
やっておきたい英語長文1000



やっておきたい英語長文1000


高嶺の花の英語長文!
英語長文問題精講



英語長文問題精講 新装版


自信をつける英語長文!
英語長文レベル別問題集〈4〉



英語長文レベル別問題集〈4〉中級編 (レベル別シリーズ)


本気を出す英語長文!
英語長文レベル別問題集(5)



英語長文レベル別問題集 5(上級編) (レベル別シリーズ)


英語長文の真打登場!
英語長文レベル別問題集(6)



英語長文レベル別問題集 6(難関編) (レベル別シリーズ


ちなみに、ヌルハチ先輩が選ぶとすれば、
「やっておきたい英語長文」を、
300から1000まで全部やります。










勉強の花道
基本英文700選の思い出



必要な勉強時間は人により異なる


勉強に必要な自分なりの創意工夫!


緻密過ぎる学習計画は挫折する


英語脳の育成が成功につながる


単語読みの英語知らずでは困ります


山ほどたまっていた参考書の功罪


睡眠時間と成績に関係はあるか


集中できる連続学習時間はどのくらいか


学習スランプ時のショック療法


勉強は自分のためにするものです


「ゆとり教育」が失敗した本当の理由


葦編三絶はもう死語なのか


自分の将来への投資!それが勉強です


世界の強敵に立ち向かう学力


勉強は日々の積み重ねがものをいう


英和辞典の賢い使い方


ヌルハチの基本英文700選


高3英語力、中学生レベル報道に思う


英文読解と伊藤和夫


鈴木長十と英語教材「Choice」の思い出


英語不得意者が味わう悲哀と悲惨


英語大航海時代の幕開け


急がば回れを地で行く英語勉強のやり方


英語語法Make it!  英語語法レファレンス  オックスフォード実例現代英語用法辞典


東大も視野に入るビジュアル英文解釈!


基礎ではない基礎英文問題精講


英語はどんとこいになる英文解釈教室


偏差値82.1の勉強法


合格の花道


勉強の花道


英語勉強法


英語学力テスト(文部科学省)


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


リスニング


特A受験英語


英会話


国語勉強法


現代文


古文


漢文


日本史


世界史


受験勉強法旅路編


教育的配慮


教師の心ない言葉


内申書


ガリ勉


K君のこと


M君のこと


予備校


大学


学歴社会と競争


成績不振からの現実逃避


受験勉強法技術編


模擬試験


通信教育


参考書の選び方


差をつける問題集の使い方


英語参考書


国語参考書


高校参考書日本史世界史


中学参考書


夏期受験勉強法


冬期受験勉強法


偏差値エリート


東京大学


早稲田大学


慶應義塾大学


受験勉強法中学編


センター試験対策


中間期末試験対策


はじめての方へ


連絡メール



管理人 ヌルハチの
プロフィール
早大政経政治卒
英検1級・TOEIC920


 
英会話マスター
 
 Copyright 2010-2015 偏差値82.1の勉強法
All Rights Reserved.