必要な勉強時間は人により異なる

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

>
>必要な勉強時間は人により異なる


どのくらいの勉強時間が必要なのかは、
人により異なります。

自分に必要だと思うだけやる。
それが自分に合った勉強時間なのです。

どのくらいの時間をかけて勉強すれば、
合格できるのか。
どれだけ勉強すれば、
学校の成績が上がるのか。
参考書や問題集は、
どれだけの回数をやればいいのか。

こういった疑問を持つ人は多いが、
その疑問に対する、
決定的な回答があるので、
よく読んで欲しい。

結論からいえば、
必要な時間だけ勉強しなさい
ということだ。

必要な時間は、
人によって違ってきます。

他人が1時間ですんだとしても、
自分も1時間でうまくいくというものでもありません。
2時間も3時間もかかる場合もあるのです。

勉強にも向き不向き、
得意不得意というものがあります。
上手にできる人もあれば、
うまくできない人もあります。

人間の能力も千差万別で、
皆が皆、同じ能力を持っているわけでもなく、
また、同じ土俵で同じ能力を発揮できるというものでもありません。
人間もいろいろ、能力もいろいろです。





試験の点数や偏差値を、
他の人とくらべるのはまだいいとして、
勉強の時間を他人と比較するのは、
あまり意味のあることでもありませんし、
有益なことでもありません。

競争するのは点数や偏差値であって、
勉強時間そのものではないのです。

勉強は、
自分に必要なだけすればいい
のです。
他人が3時間するから、
自分も3時間やるというものではないのです。

同じことをすのにも、
かかる時間は人によってそれぞれです。

勉強や参考書も同じです。
必要な時間は、
人それぞれで違ってきます。

重要なことは、
できるようになるまでやる。
わかるようになるまでやる。
この事だけです。

人の3倍の時間をかけたとしても、
合格すれば結果は同じです。

他人の5倍の時間がかかったとしても、
一冊の参考書を完璧に仕上げれば、
試験では同じような点が取れるのです。

勉強時間は人によって異なる。
この言葉の持つ意味は、
思っているよりも、深くて重いのです。






英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英語参考書


ヌルハチの基本英文700選


学力トップ層の特権!参考書複数主義


必要な勉強時間は人により異なる


山ほどたまっていた参考書の功罪





東京大学文科一類
一次で沈没した灘高くん



男は黙って文科一類!
ヌルハチの東京大学物語



英文読解と伊藤和夫


英単語は英語力の証明


英検1級VS東大英語


英検1級男のTOEIC挑戦


英文法の役割


英熟語征服法


長文勉強と英文速読



連絡メール


プロフィール
 
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.