英文読解と伊藤和夫

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> >
>英文読解と伊藤和夫

駿台予備校の伊藤和夫先生は英文読解授業の名人でした。

英文読解と伊藤和夫。
受験勉強史に残る伊藤和夫先生の英文読解授業回顧です。

ヌルハチの受験生時代、
予備校の名物教師といえば駿台の鈴木長十と伊藤和夫であった。

他の予備校、
たとえばYゼミにも名の通った有名講師はいるにはいましたが、
東京大学を志望する受験生は、
YゼミとかK塾といった予備校に第一志望で志願するということはありませんでした。
なぜなら、東大合格者の数は駿台予備校が群を抜いていたからです。

あまり数学の話はしたくないのですが、
駿台の数学講師も超有名でしたね。

当時3Nなんて呼ばれていた中田、野沢、根岸という、
「大学への数学」という参考書の執筆陣が顔を並べていた。

野沢先生なんて授業が特にわかりやすくて、
授業を受けた後はわかったような気になるんだが、
数学天才のヌルハチ君には、野沢先生の神通力も届かなかったようだ。

いくら教師が優秀でも、
生徒がだめだと意味がないという、
典型的な例だったね、ヌルハチ君の場合は。
数学だけどさ。

話をもとに戻して伊藤和夫先生のことですが、この先生ほど英文読解の授業に向いている人は、
長十は別として、
まあ、他にはいないでしょうね。

伊藤先生をはじめて見た時の印象は、
黒い丸めがねをかけた髪の毛がまっ黒の先生だった。

YouTubeで伊藤先生の授業風景を見ることができると思いますが、
ヌルハチの受験生時の伊藤先生はまだ若くて、髪の毛が黒々としていて、
YouTubeに出てくる白髪の伊藤先生とは全く見た感じが違っていました。

伊藤先生の英語の授業がなぜ優れていたのかというと、
ひとことで言うと、
英語の文章の構成把握と英文の構造の理解、この2点における授業解説が秀逸であったことです。





伊藤先生の授業は、
よくいうときわめて論理的で三段論法のような授業。
まるで数学の授業かと思うこともあった。

逆に悪い言い方では、
伊藤先生はきわめて理屈っぽい授業をする人でもあった。

いまでもよく覚えていますが、
こんな授業がありました。

伊藤先生の英文読解の授業は、
あたり前のことですが、
文頭から順に読んでいくわけですが、
よくこんな言い方をしました。

「この〜という言葉は、あとで重要な意味を持つことになる」

実際には、
この段階では重要な意味を持つかどうかは分からないわけですが、
伊藤先生お得意の文章の構成を把握するという点からの予告であるわけです。

また、英文を読み進めていくうちに、
複雑な構造をもった難解な英文に出くわすこともありましたが、
そういった場合の伊藤先生の解説は、先生の面目躍如という具合でした。

「言葉の決まりごとが文法であるなら、
その文法にのっとり書かれた英文は、
当然のことながら、その文法の決まりどおりに書かれているはずだ」

こんなふうに話を進めながら、
伊藤先生は英文法の知識で複雑な英文の構造を解き明かして生徒に示すのです。





難解で複雑な英文も、文法の知識で最終的には解決する

これが究極の英文法の存在意義であることに疑いはありません。
この点でも伊藤先生の授業は正しいのです。

先生の授業も後半部分になるとこんな感じになります。

「ここで『先に述べた理由により』と言っている以上、この部分より先のところで理由を述べている所が必ずあるはずだ」

こういうふうにして、
はじめの方で予告をしておいた問題の言葉に行き着くことになるのです。
伊藤先生の授業は。

難解な英文も、英文法の知識で解決する。

うすうす気が付いていたことではあったわけですが、
学生に確信を持たせる授業をしたという点だけでも、
伊藤和夫先生の英文読解授業は受験勉強史に残るものであったのです。

しかし、伊藤先生の姿をふたたび拝見できるとは、
夢にも思わなかったね、あのYouTube。






英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英語参考書


ヌルハチの基本英文700選


英文読解と伊藤和夫


英文読解の一番星!
英文読解入門基本はここだ!



英文読解最短入門!
英文読解最短ROUTE



めざせ英文読解王!
英文読解の透視図



英文読解頂点への道!
ポレポレ英文読解プロセス50



東大も視野に入るビジュアル英文解釈!


英語はどんとこいになる英文解釈教室


連絡メール


プロフィール
 
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.