自分の将来への投資!それが勉強です

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

>
>自分の将来への投資!それが勉強です


勉強は、自分の将来への投資(investment)と同じものです。

現在使ったものが、近い将来に、
何倍にもなってかえってくる。

その可能性に投資するのです。

勉強することに、
なんの意味も見いだせないという人がいます。

親がいうから、あるいは学校の教師がうるさいから、
だから、しょうがなく、とにかく勉強する。
こういう人もかなりいるでしょう。

中学生や高校生の段階では、
勉強することの意味をはっきりと認識できることは、
あまりないと思います。

しかし、そのことは、考えてみれば当然なことでもあります。
つまり、中学や高校の段階では、
自分の世界が、家庭や学校、あるいはその周辺の人間に限定されます。

こういった、きわめて限られた世界での経験だけでは、
マクロの観点から勉強することの意義を見出すのはきわめて困難なことなのです。

いろいろと教育論を論議するのも有意義なことでしょうが、
どうしても勉強に興味が持てない、
あるいは勉強になんの意味も見いだせない人のために、
とっておきの動機づけとなる言葉があります。
それは、将来への投資(investment)です。





投資というと、
何か投機的なものやギャンブル的なものを連想しがちですが、
勉強や学習の場合は、
投資とは、将来に対する備えを意味します。
英語でいうと、
Save for a rainy day.(まさかのときのために蓄える)
でしょうか。

教育や勉強が投資だなどというと、
奇異な感じを持つ人がいるかもしれませんが、
教育も勉強も、実は立派な投資なのです。

例えば、義務教育というのがありますが、
これは投資の最たるものです。

教育や勉強にはお金がかかります。
義務教育には莫大な予算が必要です。
国は、自国民の将来と、自国の将来のために、
とてつもないお金をつぎ込んでいるのです。

なぜそのようなことをするのかというと、
そうすることが国民の利益になり、
将来的には、国家の利益にもなるので、
あえて義務教育というかたちで、
国民の将来に投資しているのです。

自分の国の国民が、
そろいもそろって使い物にならないようようでは、
その国の未来は、もう先が見えています。





不測の事態や、予想外の状況が発生したとしても、
それに対応できるような国民を、
育てておかなければならないのです。

「無い袖は振れない」といいます。
お金を出したくても、
そもそもお金を持っていなければ、
出せないという意味です。

人間の知識や能力も、
はじめから何の蓄積もないとしたら、
かんじんな時に、何も出せません。
これはものの道理です。
Nothing comes of nothing.(無からは何も生じない)
なのです。

冒頭で、
勉強は、自分の将来への投資だと言いました。
困った時や、いざという時に、
切り札として使うのが、
勉強で蓄え、養った知識や能力なのです。

自分の将来への投資。
これが、勉強することの最大の意義だと考えます。






ヌルハチの基本英文700選


学力トップ層の特権!参考書複数主義


必要な勉強時間は人により異なる


英語脳の育成が成功につながる


動詞がわかると英語が見えてくる


模試や偏差値はあくまでも目安です!


山ほどたまっていた参考書の功罪


睡眠時間と成績に関係はあるか


集中できる連続学習時間はどのくらいか


学習スランプ時のショック療法


勉強は自分のためにするものです


「ゆとり教育」が失敗した本当の理由


葦編三絶はもう死語なのか


自分の将来への投資!それが勉強です


英文読解と伊藤和夫


英単語は英語力の証明


英文法の役割


英熟語征服法


長文勉強と英文速読


模擬試験


偏差値エリート


英語勉強


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


参考書の選び方


英語参考書


国語勉強法


現代文


古文


漢文


日本史


世界史


受験勉強法旅路編


教育的配慮


教師の心ない言葉


内申書


ガリ勉


K君のこと


M君のこと


予備校


大学


受験勉強法技術編


通信教育


国語参考書


世界史参考書


日本史参考書


中学参考書


夏期受験勉強法


冬期受験勉強法



連絡メール


プロフィール
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.