動詞がわかると英語が見えてくる

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> >
>動詞がわかると英語が見えてくる


英語の基本動詞の意味と用法は、
非常に重要です。
主だった動詞の使い方や意味の違いがわかると、
英語そのものがはっきりと見えてきます。

知ってるようで、
本当はよくわかっていないというのが、
英語の基本動詞です。

例えば、haveとかtakeは基本中の基本動詞で、
中学1年の最初の授業から勉強するものです。
また、seeとmeetの2つの動詞も、
これまた誰でも知っているものです。

ただ、この4つの動詞だけに限っても、
ネイティブ並みに詳しく習熟しているかと問われたら、
かなりの英語学習者がノーと返事をするのではないでしょうか。

上の4つの動詞は多義語の典型であり、
使われる状況や文脈からいろいろな意味を持ちます。

もちろん、基本の意味は、
have(持つ),take(取る),see(見える),meet(会う)となりますが、
状況次第では、まったく異なる日本語に相当する意味を持つこともあります。





「ネイティブはこう使う! マンガでわかる動詞」は、
ネイティブの著者ならではの、
わかり易い説明が特徴の基本動詞解説本です。

日本人のには説明の難しい微妙なニュアンスの違いや、
使い方の特徴を、マンガを使いながら解説しています。

この本で取り上げているのは、
どれもみな基本となる動詞ばかりです。
come, go, eat, have, hold, take, ride, keep,
leave, watch, see, look, meet, talk, speak,
study, learn, teach, tell, put on, wear,
finish, end...

上に掲げた動詞は、いやしくも英語を学んでいる人なら誰でも知っているものだと思いますが、
このなかの動詞のうち、どれだけのものについて詳しい説明ができるでしょうか。

違いのわかる動詞と、
違いのよくわからない動詞との区別ができる。
これが本当のわかるということだと思います。

之を知るを之を知ると爲し、知らざるを知らずと爲す。是れ知るなり。
この「論語」の言葉は、
英語の動詞についてもあてはまるのです。
動詞がわかると英語が見えてくるのです。


ネイティブはこう使う! マンガでわかる動詞






英語勉強


英単英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


参考書の選び方


英語参考書


ヌルハチの基本英文700選





学力トップ層の特権!参考書複数主義


必要な勉強時間は人により異なる


英語脳の育成が成功につながる


動詞がわかると英語が見えてくる


山ほどたまっていた参考書の功罪


英文読解と伊藤和夫


英単語は英語力の証明


英文法の役割


英熟語征服法


長文勉強と英文速読



連絡メール


プロフィール
 
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.