英語脳の育成が成功につながる

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

>
>英語脳の育成が成功につながる


英語上達の鍵は、
英語脳の育成にあります。

いつまでたっても実力の上がらない人、
足踏み状態で壁に突きあたっている人は、
ここに注意しましょう。

これはある程度の実力や学力のある人にいえることですが、
英語の世界では壁にぶつかることがよくあります。

これはどういうことかというと、
成績や実力が頭打ちになって、
伸び悩みの状況になることです。

成績がまったく伸びないというのではありませんが、
完全に停滞しているという状態です。
だから壁に突きあたっていると表現したのです。

点数でいうと平均よりやや上。
偏差値でいうと55程度といったところでしょうか。

こうした人たちには、
ある共通点があります。
壁の源といってもいいでしょう。
要するに、
上位に突き抜けていけない原因です。

このために、本来得点源にすべき英語で、
高得点ができないという状態に陥っているのです。

現実にこの状態にある人は、
自分でもわかっていると思います。
なぜこのようなことになっているのかが。

英語の試験で高得点・高偏差値を望むなら、
読解問題と長文は必須の攻略部門です。
この二つを克服しないことには、
高得点も期待できませんし、
壁を突き破ることもできません。





ずばり言いますが、
英語の成績を最終的に決めるのは、
読解と長文の問題です。
この配点の多いセクションでの不出来は、
まさに高得点・高成績への障害となるのです。

単語や熟語は、
熱心にやればそこそこの点数は楽に取れるものです。

ただし、この読解や長文の場合は、
そう簡単にはいかないのです。
簡単にはいかないから、
得意としている人に、ごっそりと点を持っていかれてしまうのです。

それでは、
得意にしている人と、
そうでない人とでは、
どこが違うのでしょうか。

それは、
ひとことでいうと、
英語脳ができているかいないかの差です。

英語脳の育成がすんでいる人は、
読解や長文でもかなりの点が取れるのです。

一方、これができていない人の場合は、
読解や長文では満足な点が取れない場合がほとんどです。





そして、
この英語脳なるものは一体どういうものなのかというと、
英文を読んだ時や聞いた時に、
その英文を、そのままの英語で脳に取り入れる能力をいいます。

いちいち逐語訳的に日本語になおすことなしに、
英文の英語を、英語のままで理解するのです。

ネイティブの人たちは、
英語を翻訳して理解するわけではありません。
書かれたものや言われたものを、
そのまま直接理解しているのです。

いわゆる壁に突きあたっている人は、
この翻訳型の日本語脳から脱却できないままでいることが多いです。

これでは、
いつまでたっても壁の克服はできません。
高得点も望めません。

英語を英語のままで読み、
英語のままで聞き取る


この英語脳の育成が、
英語や人生での成功につながるのは、
疑いようのないことです。






英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英語参考書


ヌルハチの基本英文700選


学力トップ層の特権!参考書複数主義


必要な勉強時間は人により異なる


英語脳の育成が成功につながる


山ほどたまっていた参考書の功罪


英文読解と伊藤和夫


英単語は英語力の証明


英文法の役割


英熟語征服法


長文勉強と英文速読



連絡メール


プロフィール
 
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.