世界史勉強は貿易品に注目!砂糖の世界史

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> >
>世界史勉強は貿易品に注目!砂糖の世界史


世界史勉強の一つの方法が、
テーマごとに学習するやり方だ。
キーワードは貿易品。

貿易品一つで、
世界の歴史が概観できます。
砂糖の歴史が歴史勉強を助けます。

歴史の勉強は、これといった指針やガイドラインも無しに学習を進めるのは、あまり賢明なことではない。
ぼう大な基本事項の暗記に押しつぶされてしまう可能性が高い。

基本的には主要国の国別の学習が望ましいが、
もうひとつのアプローチの方法が、
テーマ別の勉強方法だ。

これは、例えば選挙法改正ならば、このテーマにしぼってまとめて勉強してしまうのである。
これはかなりの高確率で、歴史勉強がはかどるやり方になる。

今回推奨したいのは、世界の歴史上における貿易品の重要性とそのことにテーマをしぼっての勉強のしかたです。

ご存知のように、世界の歴史において、貿易はきわめて重要な意味を持っていました。

もっとも有名なのは胡椒などの香辛料貿易でしょうか。
他にも茶や綿織物など、数え上げたらきりがないほどあります。

また現代の感覚からいうととんでもない話ですが、こともあろうに人間を売り買いしていた奴隷貿易というものもありました。
これはアメリカ史を勉強すると出てくるテーマです。三角貿易とかと一緒にですが。





ここで紹介するのは「砂糖の世界史」という本です。
この本は、大航海時代以降の歴史を、砂糖という商品に焦点をあてて解説しています。

特に興味深いのは、砂糖と奴隷制度との切っても切れない関係についての記述です。

奴隷制度というと、アメリカの独立や奴隷解放宣言がまず頭に浮かびますが、
この本を読むことで、高級品であった砂糖が、イギリスの庶民レベルにまで浸透していった背景には、この奴隷制度・奴隷市場の存在というものがあったということがわかります。
「砂糖のあるところに、奴隷あり」
本書中のこの言葉の持つ意味について、
現代に生きる我々はもう一度思いをはせてみる必要もあるのではないでしょうか。

論述問題でも狙われやすいテーマだね、この奴隷制度は。要注意だね。


砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)  アメリカ黒人の歴史 - 奴隷貿易からオバマ大統領  カトリック教会と奴隷貿易―現代資本主義の興隆






 

オスマン帝国から学ぶ世界史


大知識人ラッセルが書いた世界史
「西洋哲学史」



世界史勉強は貿易品に注目!
砂糖の世界史



世界史年代暗記法


ナビゲーター世界史Bで得点!


短期決戦の世界史!
世界史トータルナビ INPUT&OUTPUT800



世界史最強の味方世界史B用語集


スピードマスターで決める世界史


世界史の流れをつかむ問題集!
時代と流れのつかめる
用語問題集世界史B



記憶に残る世界史資料!
ニューステージ世界史詳覧



世界史用語一問一答のエース
一問一答世界史B用語問題集



段階式できたえる世界史論述!
段階式世界史論述のトレーニング



60字から始める世界史論述!
世界史論述練習帳new



合格答案を書ける世界史論述!
判る!解ける!書ける!世界史論述



まんがで覚える中学歴史!
中学歴史 上巻 改訂版
(まんが攻略BON!2)



中学歴史をまんがで攻略!
中学歴史 下巻 改訂版
(まんが攻略BON!3)



世界史


高校参考書世界史





英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英会話


国語勉強法


現代文


古文


漢文


日本史


模擬試験


通信教育


参考書の選び方


英語参考書


国語参考書


中学参考書


夏期受験勉強法


冬期受験勉強法


偏差値エリート


東京大学


早稲田大学


慶應義塾大学


中学英語


中学国語


中学数学


中学社会


中学理科



連絡メール


プロフィール
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.