「新古今和歌集」三夕の歌と体言止め

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> > >
「古今和歌集」三夕の歌と体言止め


「新古今和歌集」の中に、
三夕(さんせき)の歌と呼ばれている三首の和歌があります。

このなかで用いられている、
「体言止め」という修辞法の効果と特徴について考えてみます。

新古今和歌集」巻四の中に、
「秋の夕暮れ」を詠んだ三首の名歌があります。

この三首の和歌は「三夕(さんせき)の歌
と呼ばれ、
長い間人々に親しまれてきましたが、
この三首の和歌すべてにおいて、
体言止め(たいげんどめ)の修辞法が使われています。

この体言止めとはいかなるもので、
どのような効果や特徴があるのでしょうか。
古文上達のための一助として、
学んでおきましょう。

この三首の和歌は、
体言止めの成功例といえますが、
実際の和歌を三首、載せておきます。

さびしさはその色としもなかりけりまき立つ山の秋の夕暮(寂蓮法師)

心なき身にもあはれは知られけりしぎたつ沢の秋の夕ぐれ(西行法師)

見わたせば花も紅葉もなかりけり浦のとまやの秋の夕ぐれ(藤原定家朝臣)





「体言止め」というのは、
文章(主に俳句や和歌・短歌などで)の最後を体言(=名詞・名詞句)で終える修辞技法のことをいいます。

言い切らずに、
体言で止めることによって、
強調したり、余韻を残すことができるという効果・特徴があります。

上に掲げた三首の和歌は、
すべてが「夕暮」「夕ぐれ」「夕ぐれ」と、
名詞の形、すなわち体言で終わっており、
そこはかとない余情・余韻を表すものとなっています。

古文学習に和歌を利用するのもいいものですが、
実際に和歌を覚えていく過程で、
単語や文法のみならず、
古典常識までついでに理解していく。
こういった学習方法も推奨されるでしょう。


新古今和歌集〈上〉 (角川ソフィア文庫)


新訂 新古今和歌集 (岩波文庫)


新古今和歌集 (新 日本古典文学大系)






古文勉強と大鏡


親王宣下と親王の等級


「新古今和歌集」三夕の歌と体言止め


源平盛衰記に出てくる美男子


蜻蛉日記と右大将道綱


平家物語と古文単語


古典文法をドリルで完成する!ステップアップノート30
古典文法基礎ドリル



古文読解解法の手引き!
古文読解が面白いほどできる本



伊勢物語を読む古文


古今和歌集で古文攻略!


兼好法師が教える古文!
文法全解徒然草



古典常識を教えるまんが源氏物語!
「源氏」でわかる古典常識



森野宗明先生の古文ラジオ講座


文学史で決める国語得点!
原色シグマ新日本文学史






世界史


高校参考書世界史


英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英会話


国語勉強法


現代文


古文


漢文


日本史


模擬試験


通信教育


参考書の選び方


英語参考書


国語参考書



連絡メール


プロフィール
Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.