一文一個主義が古文単語を制す!

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> >>
一文一個主義が古文単語を制す!


古文単語は、
文のなかで覚えるのが基本であり、
また効果的なものです。

一文一個主義が古文単語を制す。
この言葉の意味するものとは、
一体どのようなことでしょうか。

古文勉強は、
単語と文法でおおよそ決まります。
不得意とする人は、この二つのものに集中して学習すべきです。

単語の覚え方は一つではありません。
また、人によって覚え方も千差万別であって、
他人のやり方が自分にとっても最善であるとは限りません。

例えば、単純に意味だけ覚えるなら、
単語と意味だけ書かれているものを使っての暗記が一番手っ取り早いでしょう。
この方法で効果の上がる人はこれでいいのです。

ただし、こういったやり方が合わないという人もいます。
また、実際には、この覚え方は少々もったいないものでもあります。

なぜなら、このやり方では、
その単語が実際にどのように使われるのかがよくわかりませんし、
覚えたとしても、その単語一つのみに終わってしまいます。





最初に一文一個主義という言葉を使いました。
これは、単語一つを覚える時には、
文単位で覚えなさいという意味です。

つまり、その単語が使われている例文や用例を参考にして学習するのがいいという意味です。
こうすることで、実際の古典の文ではどのように使われているのかとか、
例えば動詞の活用とかについても、
その例文から学ぶことができるわけです。

また、その例文中には他の単語や動詞・助詞なども入っていますから、
問題になっている単語一つだけではなく、
同時に他の単語まで理解できるという利点があります。

これは単語学習では大きいです。
なにしろ一石二鳥にも三鳥にもなるのですから。

また、この覚え方にはもう一つのメリットがあります。
それは、古文の文体に慣れることができるということです。

苦手意識の強い人は、
最初からアレルギーがあるものです。
毛嫌いといってもいいかもしれません。

こういったものを払しょくするには、
いきなり古典のなかに飛び込んでしまうのも一つの方法です。
こうすることで、徐々に、苦手意識も拭い去ることができるようになります。

古文勉強では、
実際に古典作品にふれるということの意味は大きいです。
直に慣れ親しむということです。

この経験のあるなしが、
試験問題に対処する時にものをいいます。
そして、それは結果的には点数となって表れるのです。


読んで見て覚える重要古文単語315






古文勉強と大鏡


親王宣下と親王の等級


「新古今和歌集」三夕の歌と体言止め


一文一個主義が古文単語を制す!


源平盛衰記に出てくる美男子


蜻蛉日記と右大将道綱


平家物語と古文単語


古典文法をドリルで完成する!ステップアップノート30
古典文法基礎ドリル



古文読解解法の手引き!
古文読解が面白いほどできる本



伊勢物語を読む古文


古今和歌集で古文攻略!


兼好法師が教える古文!
文法全解徒然草



古典常識を教えるまんが源氏物語!
「源氏」でわかる古典常識



森野宗明先生の古文ラジオ講座


文学史で決める国語得点!
原色シグマ新日本文学史






世界史


高校参考書世界史


英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英会話


国語勉強法


現代文


古文


漢文


日本史


模擬試験


通信教育


参考書の選び方


英語参考書


国語参考書



連絡メール


プロフィール
Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.