ジブラルタルに名を残すターリク将軍

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

>
>ジブラルタルに名を残すターリク将軍


ジブラルタルという地名は、
ターリクというイスラムの将軍の名前からきています。

今になっても忘れることのない、世界史勉強の思い出話です。

「え〜、ジブラルタルという地名のもとになった、例のターリク将軍ですが、ターリクの山・ジャバル・アル・ターリクですね」

ヌルハチの世界史勉強法のなかで、耳から学習する方法の強みを解説していますが、これなどもその典型的な例です。
授業中に発した先生の言葉は、今の今になっても記憶から消え去ることはありません。
ジブラルタル、何するものぞ!という感じです。

ターリク将軍は、イスラム史上最初の世襲政権であるウマイヤ朝(661年 - 750年)の軍人で、ターリク・イブン・ズィヤードのことです。
ターリク・イブン・ズィヤードは、ウマイヤ朝のワリード1世に仕えていましたが、711年4月29日にイベリア半島に上陸しました。
この時の最初の上陸地が、アラビア語で「ターリクの山」を意味するジャバル・アル・ターリクと呼ばれ、それがジブラルタルと転訛と言われています。





ちなみにこのターリク・イブン・ズィヤードは、
7月19日に西ゴート王国(415年 - 711年)の王ロデリックをグアダレーテ河畔の戦いで敗死させ、イベリア半島を征服した人物です。

ジブラルタルやジブラルタル海峡は、このターリク・イブン・ズィヤードにちなむものですが、彼の死後1300年の今もその名を地名にとどめているのは面目躍如というところでしょう。

ついでに付け加えておきますが、
このジブラルタルは、感覚的にはスペインの所有と誤解しがちですが、スペインとイギリスの両国間に領有をめぐる争いはあるものの、18世紀以降イギリスの占領下にあります。


世界の歴史〈8〉イスラム世界






 

ジブラルタルに名を残すターリク将軍


世界史勉強は貿易品に注目!
砂糖の世界史



出る問題の宝庫!
センター試験過去問研究 世界史B



解説が詳しい予想問題集!
センター試験実戦問題集世界史B



ナビゲーター世界史Bで得点!


短期決戦の世界史!
世界史トータルナビ INPUT&OUTPUT800



スピードマスターで決める世界史


世界史の流れをつかむ問題集!
時代と流れのつかめる
用語問題集世界史B



記憶に残る世界史資料!
ニューステージ世界史詳覧



世界史用語一問一答のエース
一問一答世界史B用語問題集



合格答案を書ける世界史論述!
判る!解ける!書ける!世界史論述



世界史


高校参考書世界史





英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英会話


国語勉強法


現代文


古文


漢文


日本史


模擬試験


通信教育


参考書の選び方


英語参考書


国語参考書


中学参考書


夏期受験勉強法


冬期受験勉強法


偏差値エリート


東京大学


早稲田大学


慶應義塾大学


中学英語


中学国語


中学数学


中学社会


中学理科



連絡メール


プロフィール

 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.