超新星の記録を残した藤原定家の功績

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> > >
超新星の記録を残した藤原定家の功績


歌人として有名な藤原定家は、
「明月記」のなかに超新星の記録を残したことで、
世界の天文学にも大きな貢献をしました。

日本の文学史だけにとどまらない、
藤原定家の功績に迫ります。

学校の教科書にも必ず出てきますので、
藤原定家のことを知らない人はいないと思います。

彼は藤原道長の六男である藤原長家の子孫であり、
歌人としても有名な長家の才能を受け継いで、父親である藤原俊成とともに、
歌詠みとしてその才能を発揮しました。

小倉百人一首」は定家の撰であり、
また、「新古今和歌集」「新勅撰和歌集」の二つの勅撰集を撰進したのも彼でした。

定家はまた学者としての一面も見せ、
「源氏物語」や「土佐日記」などの古典の書写や注釈にも携わり、
それを「定家本」というかたちで、
現代の我々に残してくれた大恩人なのです。





正直言って、
日本文学史における藤原定家の功績はきわめて大きく、
まさに国民栄誉賞を何回も授与すべきレベルの人だと思います。

こんなスーパースター並みの定家ですが、
彼には日本だけにとどまらない、
世界レベルの大きな貢献が、
もう一つあるのです。
それは、彼の日記である「明月記」のなかで、
1054年の超新星の記録を残したことです。

定家が生まれたのは応保2年(1162年)ですから、
「明月記」のなかの超新星(現在のかに星雲)は、彼が生まれるだいぶ前の出来事になるわけです。

実は、この1054年の超新星の記述は、
定家が69歳の時に出現した寛喜2年(1230年
)の客星(超新星、新星、彗星などのこと)のところに出てきます。





研究者の考察によりますと、
定家自身が1230年の彗星を見て、
興味を持ったことで陰陽寮の役人である安倍氏に問い合わせ、
過去にもこういう星の出現はあったという返事を得たようです。

そして、この時に得た、
過去の客星出現の例である1054年の超新星出現の事実を、
日記のなかに残しておいたというのが、
本当のところのようです。

一見するとなんでもないような記述に見えますが、
この1054年の超新星のことは、
中国と日本にしか詳しい記録が残っておらす、
他ではアラビア語の文献に簡単な記述があるだけだそうです。
ヨーロッパには記録がないそうです。

日本の文学のみならず、
世界の天文学研究にも貢献した人物。

この意味では、
藤原定家は、まさに世界の宝といってもいいのではないでしょうか。


藤原定家 (コレクション日本歌人選)


冷泉家時雨亭叢書 別巻三 翻刻 明月記 二






古文勉強と大鏡


親王宣下と親王の等級


「新古今和歌集」三夕の歌と体言止め


一文一個主義が古文単語を制す!


「大鏡」や「蜻蛉日記」に見る「もがさ」の正体


超新星の記録を残した藤原定家の功績


源平盛衰記に出てくる美男子


蜻蛉日記と右大将道綱


平家物語と古文単語


古典文法をドリルで完成する!ステップアップノート30
古典文法基礎ドリル



古文読解解法の手引き!
古文読解が面白いほどできる本



伊勢物語を読む古文


古今和歌集で古文攻略!


兼好法師が教える古文!
文法全解徒然草



古典常識を教えるまんが源氏物語!
「源氏」でわかる古典常識



森野宗明先生の古文ラジオ講座


文学史で決める国語得点!
原色シグマ新日本文学史



世界史


高校参考書世界史


英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英会話


国語勉強法


現代文


古文


漢文


日本史


模擬試験


通信教育


参考書の選び方


英語参考書


国語参考書



連絡メール


プロフィール
Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.