一冊を軸に展開する英単語学習

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> >
>一冊を軸に展開する英単語学習


一冊の参考書を軸に展開するのが、
英単語学習の基本になります。

この方法が、
最終的には最も効率的なものとなりますが、その理由とは、
はたしてどのようなものでしょうか。

英語学習の基本にあるのが英単語です。
単語の知識なしでの勉強は、
成り立たないといってもいいでしょう。
文字通り、
五里霧中(be (all) at sea)の世界となります。

重要な位置を占める単語学習ですが、
覚え方に迷っている、
あるいは、勉強の仕方が間違っている、
こういう人が結構いるのも事実です。

そもそもの入り口である単語でつまずいていたのでは大問題です。
文法や長文の心配どころではなくなります。

一般的に、勉強のコツがつかめていない人ほど、
何冊もの参考書や問題集に手を出したがります。
成績が思うように上がらないため、
不安になって、何か別のいいものがないだろうかとなるわけです。

「本木に勝る末木なし(もときにまさるうらきな)」ということわざがあります。

これは、
いろいろといくら取り替えてみても、
結局は最初のものが一番いいということのたとえです。





参考書や問題集にも、
このことわざがあてはまることが多いものです。

たいていの場合、最初に手をつけたものが一番いいか、
あるいは、最初のものをそのままやっていた方が、
結果的にはよかったということが多いのです。

英単語の参考書や単語帳は、
一冊を軸にして集中してやる方が賢明です。
一冊を徹底的にやるということです。

こうすることで、
例えば1500個の単語は確実に自分のものにすることができますし、
その1500の単語を覚えてしまえば、
よりハイレベルの単語集を学習する時にも、
楽に覚えていくことができます。

なぜなら、すでに覚えた1500個の単語の相当な数のものが、
ハイレベルの単語集の中にも含まれているからです。

新しい別の単語集といっても、
中身がまるっきり異なっているわけではありません。
単語の相当な割合が重複しているものです。

ですから、新しいものをやるといっても、
まったくのゼロから単語を覚えるということにはならないのです。
実質的には、すでに覚えたものの確認と、
新しい知らない単語の追加補強ということなのです。

英単語の学習も、
一冊の参考書を軸にしてやるべきです。

そして、それが最も賢明で効率的なものであるということの発見は、
それほどの時間の経過をみることなしに訪れることになります。






英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


参考書の選び方


英語参考書


英単語は英語力の証明


一冊を軸に展開する英単語学習


英検1級でもものをいう単語力!


ボストン大学卒が知らなかった英熟語


英語勉強もwith flying colorsで!





ずうずうしい人には禁物の英語
Be my guest.



専門知識(expertise)で増やす英単語


畏怖、畏敬(awe)の使い方


王国(realm)は意味と発音に注意!


接頭辞interで語彙増強


覚えるともうかる単語lucrative


違いがわかるa few, several, many


センター試験にも出たknow better


悪魔(devil)を知ると英語がわかる


最重要英単語mindを理解する


訳し方の難しい英単語alleged


適訳はどうなるbelongの意味


どこが違うのsuspectとdoubt?


生息地(habitat)で強化する英単語


仏の顔も三度までを英語で言うと


どれだけ知っているか、at allの意味


関節炎(arthritis)で増やす英単語


良き指導者(mentor)から学ぶ英語


免疫(immune)で補強する英単語力


時事英語に必須の英単語proxy


悪徳(vice)から学ぶ英単語


苦境(predicament)を脱する英語


英検1級試験で披露した英単語conceited


「無料で」を英語で言うとどうなるか?


いい意味と悪い意味、英単語sophisticated


発音に厳重注意!pseudo


英熟語征服法



連絡メール


プロフィール
 
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.