違いがわかるa few, several, many

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> >
>違いがわかる
a few,several,many


数を表す単語「a few,several,many」の違いはどこにあるのでしょうか。
この3つの違いを端的に解説します。

英語初学者が悩むものの一つに、
a few, several, manyがどう違うのかというのがあります。
特に中学生の段階では、
これらの単語の理解はなかなか難しいものがあると思います。

結論から言うと、同じ英米人の間でも、これらの英単語に接した時に思い浮かべるものには多少の違いがあり、人それぞれの感覚の違いがあります。
ただし、基本的な違いには共通点がありますので、ごく一般的な数の認識について述べておきます。

この3つのなかで、数的に最も少ないものを表すのが、a fewです。
具体的に言うと「2,3」という感覚です。
1ではないが、4とか5でもない。
つまり、2つか3つというところです。

ですから、a fewが出てきたら、「2,3の、少数の」という意味合いになります。
a few minutes(数分、2,3分)
a few times (2~3回)
have a few airs (少し気取っている)
not a few people (少なからぬ人)
quite a few people (ずいぶん多くの人、大勢の人)





これに対して、もっと大きい数を表すのがseveralです。

この単語はやや幅が広く、「 4,5,(6)」という感覚です。
ある程度の数、具体的に言うと「4個、5個、(6個)」という感じです。
1、2、3ではないが、7,8,9でもない。
こんな語感のある単語でしょう。
日本語にい訳す時は、「いくつかの、数~」の様に訳します。
several times(数回)
several weeks(数週間)
several companies(数社)
several hours of negotiation (数時間にわたる交渉)
several hundred millions of years (数億年)

これよりももっと多い数を、漠然と表わすのがmanyです。
多くの、多数の、たくさんの」という日本語が該当するでしょう。
the many(大多数の人)
many centuries (数世紀)
many decades (数十年)

この3つの単語は、単純に図式化すると、
a few<several<many
このような関係になるでしょう。


数量表現の英語トレーニングブック(CD BOOK)






英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英語参考書


英単語は英語力の証明


英検1級でもものをいう単語力!


ボストン大学卒が知らなかった英熟語


英語勉強もwith flying colorsで!


ずうずうしい人には禁物の英語
Be my guest.



専門知識(expertise)で増やす英単語





畏怖、畏敬(awe)の使い方


王国(realm)は意味と発音に注意!


接頭辞interで語彙増強


覚えるともうかる単語lucrative


違いがわかるa few, several, many


英熟語征服法


英語勉強の優れものALL IN ONE


英語はやっぱりDUOだね


英単語はじめの1120が命運を決める!
キクタンBasic4000



大学入試では必須の英単語!
キクタンadvanced6000



大学入試余裕の英単語!
キクタンSuper12000



覚えておきたい基本英熟語!
キクジュク英熟語 Basic1800



難関大学への夢がひろがる英熟語!
キクジュクSuper3600



英単語速習のエース!
システム英単語



英単語暗記の快速王!
英単語ターゲット1900



英熟語の1000里塚!
英熟語formula 1000



東大生もしびれた英熟語!
合格英熟語300



1017の熟語が英語を救う!
解体英熟語[ブック型]
必修語~重要語までの1017語



連絡メール


プロフィール
 
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.