無敵になれる古文!文法全解源氏物語

勉強の花道
頑張れニッポン 
 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> >>
文法全解源氏物語


「源氏物語」は日本古典文学の最高峰です。

「源氏物語」を読むことができれば、
他の古典作品は難なく読解できます。
古典古文では無敵になれます。

「源氏物語」は日本の古典文学の最高峰に位置し、
高校古典の教科書にも出てきます。
そして、「源氏物語」が読めれば、
日本の古典はほぼすべて難なく読むことができます。
「源氏物語」を読むことができれば、
古文ではこわいものなし、無敵になれるのです。

「源氏物語」は古典としても最高のところにありますが、古文として読んだ場合にも、
難易度としても最高レベルにあります。
ひらたくいうと、むずかしくてなかなか読めないのです。

「伊勢物語」や「竹取物語」は楽に読むことができても、
「源氏物語」はすらすらとは読めないのです。

何が「源氏物語」をむずかしいものにしているのか、
簡潔に説明してみましょう。





「源氏物語」を難解なものにしているのは、
まず第一に主語が明示されないということです。
つまり、発言者が誰なのかは読むほうの側が判断しなければならないのです。

源氏の場合、この発言者の特定がむずかしいために、読者にとっては読むことがたいへんむずかしくなっているのです。

なぜこういうことになるのかというと、
「源氏物語」にはきわめて多くの人物が登場して、
発言者の特定をよけい困難にしています。

それから、第二の要因が、
「源氏物語」に登場する古文単語の多様さです。

源氏物語のごいの豊富さは日本の古典の中でも、
いちにを争うものです。
読者の方にも圧倒的な古典のごいがないと、
とてもついては行けないのです。

それから、これが最大の要因かもしれませんが、
「源氏物語」は文章の構造がとても複雑であり、
文の構造を把握するのが大変なのです。
つまり、意味をつかみにくいということです。

こうしたことのために、
「源氏物語」は日本の古典の中でも最難関のものとなっていますが、
逆に言うと、
「源氏物語」を読めるようにすれば、古典古文は征服できます。
これ以上にむずかしい古典はないわけですから。

ヌルハチも読みました、「源氏物語」は。
その結果どうなったかは、「ヌルハチの偏差値」に出ています。
岩波の「新古典文学大系」で完読するのは大変ですので、抜粋本ですが、
「文法全解源氏物語(一)新装・2色版 (古典解釈シリーズ)
でも読んで読解力をつけるのもいいのではないでしょうか。

「源氏物語」を読みながら、
古文単語、古典文法、古文常識、日本文学史、
これらのものを同時に無理なく学習できます。

われこそは、という人のみチャレンジしてみてください。


文法全解 源氏物語―2色版 (1)(古典解釈シリーズ)   文法全解源氏物語―2色版 (2) (古典解釈シリーズ)  文法全解源氏物語―2色版 (3) (古典解釈シリーズ)   文法全解源氏物語―2色版 (4) (古典解釈シリーズ)






古文勉強と大鏡


源平盛衰記に出てくる美男子


蜻蛉日記と右大将道綱


古典古文を助ける日本史


平家物語と古文単語


コブタンで決める古文単語!


ここから始める古文単語!
マドンナ古文単語230



古文の基礎がわかる!
富井の古文読解をはじめからていねいに



古典文法を一から学ぶ
古文読解教則本



古文解釈に目覚める!
古文解釈の方法



古典文法をドリルで完成する!ステップアップノート30
古典文法基礎ドリル



古文読解解法の手引き!
古文読解が面白いほどできる本



覚えまくれ重要古文単語315!


伊勢物語を読む古文


読み解き古文単語で読解力養成


無敵になれる古文!
文法全解源氏物語



古今和歌集で古文攻略!


兼好法師が教える古文!
文法全解徒然草



古典常識を教えるまんが源氏物語!「源氏」でわかる古典常識


文学史で決める国語得点!
原色シグマ新日本文学史






世界史


高校参考書世界史


英語勉強法


英単語英熟語


英文読解


英語長文


英文法


英作文


究極リスニング


特A受験英語


英会話


国語勉強法


現代文


古文のやり方


漢文


日本史


模擬試験


通信教育


参考書の選び方


英語参考書


国語参考書



連絡メール


プロフィール
Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.