早稲田大学出身、海部俊樹総理大臣

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ
 

> >
>早稲田大学出身、海部俊樹総理大臣


早稲田大学出身で、
第76代、第77代総理大臣となった海部俊樹さんの思い出です。

安倍総理と海部総理との関係とは、
どんなものだったのでしょうか。

海部俊樹(かいふ としき 1931年(昭和6年)1月2日 - )さんは、早稲田大学出身で総理大臣となった方ですが、最近YouTubeでお元気な姿を拝見しました。

ご高齢にもかかわらず、むかしながらの弁舌さわやかなところをまのあたりにし、海部俊樹健在を再確認した次第です。

海部さんは早稲田大学雄弁会出身であり、その雄弁さからよく自民党を代表してテレビなどに出演していました。
よくしゃべる人というのが、その当時の海部俊樹さんの印象でした。

海部さんことはウィキペディアなどでも調べることができますが、ここではあまり知られていない興味深いできごとについて書いておきます。

海部さんの政治家時代は、自民党も派閥の力がまだ強い頃で、弱小派閥の三木派に属していたこともあって、海部総理はだいぶ苦労したようです。

ある時に、現在の安倍総理のお父さんである安倍晋太郎氏がテレビに出演していたことがありました。生番組でした。

この安倍晋太郎という人は、口数の少ない人で、何を考えているのかよくわからない人という印象がありました。
ただ、この晋太郎さんも病気で亡くなる前あたりからかなり物をいうようになっていたという感じがありました。

このテレビ番組の最中に、三木武夫元総理の奥さんが電話出演されたわけですが、その際の三木元総理の奥さんの言ったことがきわめて印象深いものでした。

三木元総理の奥さん(電話で)
(安倍晋太郎氏に向かって)
「海部さんをあまりいじめないでくださいね」

安倍晋太郎氏
(むっとした表情で)
「いじめてなんかいませんよ」





海部俊樹さんが総理大臣をした頃は、
自民党内の派閥力学が健在であり、
大臣の選出ばかりでなく、総理大臣の任命にまで派閥の力が大きく作用した。

今でもそうらしいが、各派閥は大臣に任命して欲しい人のリストを官邸に提出していたそうです。

海部総理は三木派出身で、支持基盤がきわめて弱く、言葉は悪いが、他の有力派閥に担がれてみこしに乗ったような面もありました。

そのために自分の思い通りに政策を実現できないという弱みがありました。

このことが端的に表れたのが、あの「海部おろし」と呼ばれた出来事です。

このことにもいろいろと裏があるということも言われていますが、間違いのないことは、海部総理に見切りをつけた自民党の大派閥によって、海部総理は衆議院を解散することもできずに内閣総辞職に追い込まれてしまったという事実です。

支持率が急落したわけでもなく、これといった失政があったわけでもないのに、海部俊樹さんの内閣は不本意な幕引きの憂き目をみることになりました。

海部さんのことで思い出すのは、なんといってもあの自民党の顔としてテレビに出まくっていたこと、美人の奥さんがいて、歴代総理大臣夫人のなかでもかなり目立っていたこと、また、森山真弓という非常に優秀な人物を初の女性官房長官として登用したことなどが思い起こされます。

見果てぬ夢という言葉がありますが、
海部総理大臣の場合は、まさにこの言葉がぴったりの政治家人生だったような気がします。


政治とカネ―海部俊樹回顧録






早稲田大学勉強法


東京大学勉強法


慶應義塾大学勉強法


早稲田大学政経学部教授
藤原保信先生の思い出



早稲田の大将発音で大恥をかく


総理大臣を出せる大学!
早稲田大学



早稲田の大将の単位取得術!


早稲田の大将フランス語で成績1位!


早稲田の大将に"金"をくれた
白鳥金丸先生に拍手!



早稲田の大将危うし、落第の危機!


早稲田の大将、有終の美を可で飾る!


早稲田の大将、成績全優のWさんと遭遇!


早稲田の大将、赤本なしで早稲田受験!


早稲田大学で会った藤堂明保先生


英会話を習いそこねた東後勝明先生


早稲田の大将、内田満を受講する!


早稲田大学政経学部受験の思い出


早稲田の大将、弓道を極める!


早稲田大学出身、海部俊樹総理大臣


駅から歩いて20分の早稲田大学


早稲田の大将、必勝合格術を語る


早稲田の大将、学生街の食堂を利用する


早稲田大学について思うこと


早稲田の大将、坪内演劇博物館を見学!


戦後初の女性総理秘書官になった
早稲田大学卒の女性



ヌルハチの基本英文700選





連絡メール


プロフィール


早稲田大学


受験生の方へ 早稲田大学


大学案内 早稲田大学


学部・大学院等 早稲田大学


一般・企業の方へ 早稲田大学
 
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.