谷崎潤一郎と「少将滋幹の母」

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ 
 

> > >
谷崎潤一郎と「少将滋幹の母」


現代文の読解力養成に現代小説を読む。

谷崎潤一郎の「少将滋幹の母」は、
読んでも面白い作品であり、
現代文学習の助けにもなります。

基本的には現代作家の作品は読まないわけですが、三島由紀夫とか谷崎潤一郎は例外であり、主要なものは若い頃に読み漁ったものです。
川端康成も多少は読みました。

これらの人たちのものだけはよく読んだのですが、その理由は文章が上手であるというのが第一の理由でした。

作家といっても、誰もが文章がうまいというわけではありません。
芥川賞をとったなどといっても、どう見ても芥川龍之介レベルの文章ではない人もいます。
そういった人たちのものは、読んでも何も得るものがないと考えて、読まないことにしているわけです。

この谷崎潤一郎の「少将滋幹の母」ですが、
「滋幹」は、しげもとと読みます。
ですから、「しょうしょうしげもとのはは」がこの作品の読みになります。





谷崎潤一郎は文章が非常に上手です。
そのことは谷崎の作品を読んでみれば、
すぐにわかります。どの作品でも同じです。

この「少将滋幹の母」は平安時代の摂関政治全盛期の頃の話を題材にした作品です。

「今昔物語」の話をもとにしたようですが、
左大臣藤原時平に奪われた絶世の美女が主人公の小説です。

こういった古典をもとにして作品を作り上げるという手法は、芥川龍之介にも見られますが、日本の古典的手法といえるものです。

話の中身は小説にあたってもらいたいと思いますが、谷崎独特の変態性欲的なところが、当然のことではありますが、この作品のなかにも見られます。
谷崎潤一郎という小説家は、そういった嗜好を自分の作品に反映させないではいられない人ですから、そのつもりで読んでください。

こういったものをある程度読みこなしていくと、評論文の読解にも役に立つかと思う次第です。

ちなみにこの藤原時平は、
あの菅原道真を大宰府に左遷させたその張本人です。


少将滋幹の母 (新潮文庫)





 


国語勉強


現代文


中学国語勉強


現代文と三島由紀夫


谷崎潤一郎と「少将滋幹の母」


文学史で決める国語得点!
原色シグマ新日本文学史



国語の得点王漢字!
金の漢字最強編



銀の漢字が国語を救う!
銀の漢字必須編



中学漢字は得点源!
スタートアップ基本漢字1400






連絡メール


プロフィール
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.