現代文と三島由紀夫

勉強の花道
頑張れニッポン 
勉強の花道サイトマップ 82.1勉強法サイトマップ 
 

> >
>現代文と三島由紀夫

現代文勉強はとりとめがなく、とりつきにくいところがあります。

現代文勉強法に悩む人に一考をうながしたのが、
三島由紀夫の「文章読本」参照です。

国語現代文は勉強法に悩む人が多い科目です。
まず第一に、何をやればいいのかさっぱり分らないというのがあります。
また、やるにはやったが、成績も得点も上がらなかったという人もいます。

こうした人には現代文勉強法のページの閲覧を推奨しますが、
それとは別にお薦めしたいのが、三島由紀夫の「文章読本」です。

三島由紀夫はノーベル賞候補にもなっていたすぐれた文学者ですが、
古典文学の読み方や文章の作法などを記した作品も残しています。

古くは谷崎潤一郎なども「文章読本」を書いて、
一般読者向けに「文章上達法」などを説いていますが、
これなども、三島由紀夫の「文章読本」や川端康成の「新文章読本」と並んで、
日本文学史の問題として出題される可能性もありますので、
覚えておいた方がいいでしょう。

現代文勉強はとりとめがないと先ほど言いましたが、
こうした文学史の問題とか漢字の読み書きの問題は、
出題された時には確実に得点しなけれなならないものです。

試験はどのようなものであれ、
得点できる問題では確実に点を取っておく。
これが大原則です。
このことができないようでは、
英語や国語ばかりでなく、
他の科目でも高得点、高成績は望めません。
このことは忘れないようにしてください。

三島由紀夫と谷崎潤一郎はよく読みました。
文章がうまいですから。

その三島や谷崎の書いた「文章読本」は推奨する価値のあるものと考えて、
ここにこうして薦めているしだいです。





三島由紀夫の「文章読本」。
これを読めば三島由紀夫レベルの文章が書けるようになる、
とは断言はできませんが、
現代文勉強のためにも、なんらかの利益をもたらすのではないかと思います。

短編小説と長編小説の文体の違いや、文章の特徴などが解説されていますが、
三島由紀夫の「文章読本」を読んで、
最も記憶に残ったのが、
「格調と気品がある文章を私は尊敬します」という記述です。

格調と気品。
何と気品のある表現でしょう。

この表現が気に入ったこともあって、
三島由紀夫は、個人的にはきわめて評価の高い小説家となっています。

また、別のところで三島はこう述べています。
「文章の格調と気品とは、あくまで古典的教養から生まれるものであります」

文章の格調と気品は古典的教養から生まれる。
いい言葉ですね。
さすが三島由紀夫です。
いい仕事しています。

現代文と三島由紀夫。
いい関係していますね。

みなさんも、

三島由紀夫や谷崎潤一郎の「文章読本」でも読んで、
現代文勉強の一助にしてはいかがでしょうか。


文章読本 (中公文庫)三島由紀夫  文章読本 (中公文庫)谷崎潤一郎   新文章讀本 (タチバナ教養文庫)川端康成





 


国語


現代文


中学国語


現代文と三島由紀夫


谷崎潤一郎と「少将滋幹の母」


文学史で決める国語得点!
原色シグマ新日本文学史



国語の得点王漢字!
金の漢字最強編



銀の漢字が国語を救う!
銀の漢字必須編



中学漢字は得点源!
スタートアップ基本漢字1400






連絡メール


プロフィール
 
 Copyright 2014-2016 All Rights Reserved.