放射線を避ける方法

放射線を避ける方法
放射線防護の3原則


>放射線を避ける方法

福島第一原子力発電所の事故以来、
特に関東以北の日本人は放射線被曝の危険に晒されている。

原子力発電所は日本全国に点在し、
いつ何時福島原発と同じような事故に見舞われないという保証はない。

このような危険性の高いものについては、
最低限のことを知っておくのが、
原発大国・地震大国である日本という国に住む、
我々の常識であろう。

放射線の恐ろしさは、
ひとたび大量に浴びてしまうと、
その影響が長く続き、
最悪の場合には命にも関わることである。

放射線や放射能から身を守る最善の方法は、
被曝をできるだけ回避することである。

いったん浴びてしまうと影響を受けてしまい、
健康に与える被害は甚大であるので、
この物質の持つ特徴をよく理解した上で、
対策を講じておくべきである。

被曝を避けるための基本について、
簡潔にまとめてみたので、
被害を受けないためにも、
熟読しておくことを推奨します。





放射線から身を守るためには、
最低限3つのことに注意しなくてはならない。

それは、@距離 A時間 B遮蔽物、この3つである。

@放射線からの距離

放射線の強さは距離の二乗に反比例する性質がある。
だから、被曝を避けるためには、
出来る限り放射線の発生源から遠ざかることが必要だ。

どのくらい遠ざかればいいのかは、
放射線の強さによるので一概には言えない。

また、どのくらいの量の放射線が、
どれだけの影響を人体に与えるのかは、
人体実験をするわけにはいかないので、
はっきりとしたデータも数値もない。

国連の機関や日本の政府が公表しているものは、
あくまでも予測に基づくものであり、
絶対的に信頼できるものとは言い難い。

極端な話をすれば、
大規模な原子力の事故や爆発が起こった場合には、
日本国内のできるだけ離れた地域や、
外国に逃げるしか方法はないということになってしまう。


 


A放射線被曝の時間

放射線の被曝線量は、
被曝している時間に比例する。

放射線や放射能が発生していると分かった場合には、
できるだけ速やかにその場から離れる必要がある。

早ければ早いほどいいという言葉は、
放射線や放射能から身を守る場合にも、
有効なものであるという事を覚えておきたい。

B放射線を防ぐ遮蔽物

放射線は遮蔽物によって弱めることができる。

どのようなものが遮蔽物として有効かは、
放射線の種類により異なる。

アルファ線には薄紙が有効であり、
ベータ線にはプラスチックやアルミニウム板、
ガンマ線にはコンクリートや鉛板、
中性子線には水やパラフィン、
などが遮蔽物として有効であることが分かっています。

防護服や雨の日の雨カッパ、
マスクやヘルメットなどが有効な場合もある。

自分の命を守るためにはできる限りのことをして
被曝を防ぐという心構えが大切だ。


 


防災用品


節電グッズ


地震対策


筋トレ


禁煙


省エネ



プロフィール

 CCopyright 2011-2015 放射線を避ける方法 
All rights reserved